【これからアイフルで借りる人必読】アイフルでの借り方まとめ

アイフルといえば、かわいらしいチワワの登場するCMが一世を風靡していた時期もありました。実際に使用した経験はなくとも「どうする? アイフル!」のフレーズを知らない人はいないでしょう。有名な消費者金融ではありますが、他の会社とアイフルの違いがどこにあるのか詳しく知っている人はそう多くはないでしょう。

 

ここではアイフルの特徴や上手な使い方などを紹介していきます。

アイフルって?

設立は1978年と30年以上の歴史を持つ消費者金融です。女性向けローン、比較的金利の低いおまとめローンなど幅広い商品を提供しています。申し込みから融資までのスピードも早く、即日融資にも対応しています。その反面、銀行との提携面については他の消費者金融と比較すると劣る部分もあり、利便性にはやや欠ける部分もあります。

 

営業や取り立ての強引さが取り沙汰され業務停止命令が出された後、長い間赤字に苦しんでいました。しかし2014年ごろから業績も上向きとなり、今では経営も安定してきています。営業や取り立てについてもしっかりと改善されています。

アイフルの特徴

アイフルの長所と短所を比較しながら、どんな場合に利用するのに向いているのか考えてみましょう。

アイフルの長所

・即日融資対応

 

インターネットか電話で申し込むことで即日融資を受けることができます。店舗や自動契約機に行く必要がなく、忙しい人にも便利です。自動契約機を利用しない場合融資は振込となるため、当日中を希望している場合は銀行の営業時間に注意が必要となります。

 

・女性向けサービスの充実

 

初めてカードローンを利用する人や、男性に電話するのはなんとなく不安だという人のために、女性のオペレーターが対応する女性専用ダイアルがあります。また、「SuLaLi」という女性向けローンもあります。初回限度額が低いため使いすぎの心配が低く、カードのデザインもそれと分かりにくい可愛らしいデザインです。

 

・低金利のおまとめローン

 

消費者金融のおまとめローンは銀行カードローンのものと比べて金利が高いものがほとんどです。しかしアイフルのおまとめローンは12.0%〜15.0%と低金利で使いやすいです。一般的に銀行カードローンに比べると消費者金融の方が審査に通りやすく、銀行カードローンの審査に落ちてしまった人は検討してみる価値があります。

 

・カードの受け取り時間が指定できる
契約機に行くのも見られたくないけれど、自宅の郵便物も人に見られそうで心配、という人でも安心です。周囲に知られず借入したい人でも使いやすいように配慮されています「配達時間えらべーる」という名称のサービスで、パソコン、スマートフォンからの申し込みが必要です。

 

・自動契約機(契約ルーム)が使いやすい
アイフルの契約ルームではオペレーターと電話でやり取りしながら手続きを進めます。他社の自動契約機でもオペレーターと話せる電話を設置しているところは多いのですが、基本的には機械の案内に従いながら契約を進めていきます。アイフルの契約ルームは店舗窓口のやり取りに近い形で進められるため、機械類の操作不安がある場合や、詳しい説明を聞きながら勧めたい場合にピッタリです。

アイフルの短所

・手数料がかかりやすい
現金で借入・返済を行う時には主にATMを利用することになります。

 

アイフルは自社ATMの数が少なく、銀行との提携も行われていないためほとんどのATMの利用に手数料がかかります。手数料は108〜216円と少額に見えますが、消費者金融の返済は数十回に及ぶのが普通です。毎回手数料を払っていたらそれなりの額になります。

 

特に地方ではアイフルのATMがぐっと少なくなるため、手数料のかからない口座振替を中心に返済していくのが良いでしょう。

 

・金利
4.5%〜18.0%という数字は消費者金融としては一般的ですが、銀行カードローンと比べると高めです。その代わりに消費者金融は早く借りやすいというメリットがあるため、急いでいる時は消費者金融、金利重視の場合は銀行カードローンと使い分けるのが良いでしょう。

 

・経営面に不安
悪質な営業活動からの業務停止命令だけでなく、グレーゾーン金利廃止以降の業績悪化のため、事業再生ADRを利用した過去があります。2015年に融資を完済したものの、経営面に不安があるのは否めません。

 

借り入れ先が倒産すると「借金が帳消しになるのでは?」と期待する人もいるようですが、実際は返済先が変わるだけです。むしろ、いままで受けていたサービスの一部が利用できなくなったり、過払い請求がやりにくくなったりする可能性があります。

アイフルが向いているケース

アイフルのメリットを上手に活用できるのはどういった人しょうか?

 

・急いでお金を借りたい人
消費者金融といえばすぐにお金を借りられるのが最大の魅力。アイフルでは即日融資にも対応しています。申し込みはインターネットだけでなく電話からもできるのでパソコンが苦手な人でも大丈夫です。

 

即日融資を希望する場合は、14時10分までに申し込まないと銀行の振り込みが間に合わないので注意しましょう。反対に、急ぎではないが安く借りたい場合は銀行カードローンの方が適しています。

 

・周囲に知られたくない人
インターネットから申し込みができ、カードの受け取りの時間指定もできるので家族にバレたくない人でも安心です。無人の契約ルームでもカードの受け取りが可能です。自宅にどうしてもカードを届けたくない人と、カードを取りに行くのを見られたくない人両方のニーズに対応しています。

 

・初めて借り入れをする女性
女性向けローンの「SuLaLi」は限度額が低く、借りすぎてしまう心配がありません。アイフルを含めて、借入がないことが条件になっています。いきなり限度額が高いカードを持つのが怖いという人におすすめです。

 

・おまとめローンを使いたい人

 

プロミスのおまとめローンは他の消費者金融のものより金利が低く、借入限度額も高いです。銀行カードローンのおまとめローンと比べても劣らず、十分実用的な内容です。アイフルのおまとめローンを利用できるのは、過去にアイフルから借り入れしたことがある人のみです。

 

アイフルを利用したことがあり、おまとめローンを検討しているのなら選択肢の一つに入れておいて損はありません。

無利息期間を上手に活用するために

少し前までアイフルには無利息期間がありませんでした。しかし、他の消費者金融に無利息期間が広まったことで、無利息期間のないアイフルが相対的に不利になってしまいました。そうした影響からか、アイフルもついに利息0円サービスを始めました。

 

利息0円サービスの対象となるには、アイフルの利用が初めてであることと、無担保キャッシングローンを利用することが必要です。

 

利息が0円になる期間は、契約日の翌日からスタートします。先にカードだけ作っておいて、あとから無利息期間を適用させて借り入れるという使い方はできません。必然的にお金が必要になる直前に申し込む事になりますが、アイフルは審査も早く、即日融資にも対応しているので時間にさえ気をつければ問題ありません。

 

無利息期間を設けている会社

消費者金融
アイフル 契約日の翌日から30日間
アコム 契約日の翌日から30日間
プロミス 初回借入日の翌日から最大で30日間 ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
ノーローン 借入日の翌日から7日間
銀行カードローン
新生銀行カードローンレイク 契約日から最大で180日間
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 初回借入日から最大で30日間

アイフルの申込から返済まで

アイフルを利用できる人は?

 

アイフルを利用には20歳以上であること、定期的な収入があり返済能力があること、アイフルの基準を満たすことの3つが条件となります。また、取引期間中に70歳を超えた場合は、新たに融資を受けることができなくなります。

 

 

 

 

  • 申し込みの流れ

アイフルの申し込み方法には以下の4つの方法があります。

 

・インターネット

 

・店頭窓口

 

・契約ルーム

 

・電話(通常・女性専用ダイアル)

 

 

 

・インターネットで申し込み

 

パソコン・スマートフォン・携帯電話から申し込みができます。本人確認書類の提出もスマートフォンのカメラなどを利用して行えるため、紙の書類のやり取りせずに借り入れできます。

 

 

 

アイフルのwebサイトから申し込み後、審査結果がメール又は電話で知らされます。インターネットで申し込んだ後、表示される電話番号に電話すると審査を急いでもらえます。急いでいる場合や即日融資を希望している場合は活用しましょう。

 

その後、本人確認書類等を提出すればカードが発行されます。カードは郵送で後日届きますが、振込融資であればカードの到着前に利用できます。また、契約ルームでカードの発行のみ行うこともできます。

 

 

 

インターネットで申し込み、審査の間に契約ルーム・店舗まで移動し、審査が終わったらその場でカードを受け取る、というのが一番早く現金で融資が受けられる方法となります。契約ルームまで箸を運ぶ手間はありますが、振り込み融資よりも時間の融通がきくのがポイントです。

 

 

 

・契約ルーム・店頭窓口から申し込み

 

アイフルの店舗は30弱と少なく、契約ルームを利用するケースの方が多いでしょう。契約ルームは「無人契約でんわBOXてまいらず」という名前でも呼ばれています。最近ではどこの消費者金融でも有人店舗を減らし、無人店舗を増やしていく方向にあります。

 

 

 

契約ルームは電話越しの案内になりますが、店頭と同じく丁寧に案内してもらえます。「ルーム」や「電話ボックス」という名前からも分かるように、機械による案内ではなく有人店舗のようにナビゲートして貰えます。機械操作が苦手だったり、無人契約機は無機質な感じがしてイヤだったり、という場合でも安心です。

 

契約ルームに訪れる場合でも、店頭に行く場合でも、運転免許証などの身分証明書を忘れずに持参しましょう。50万円未満の融資を希望している場合は収入証明書の必要はありません。

 

 

 

契約ルーム・店頭窓口どちらの場合も、申込書を記入して早ければ30分程度で審査結果が分かります。審査通過後、運転免許証や健康保険証、住基カード等の本人確認書類を提出します。その後契約書を交わせば手続きは完了です。その場でカードが受け取れるのですぐにATMが使えるようになります。

 

 

 

店舗の営業時間は平日の10時〜18時。契約ルームについては、設置場所にもよりますが年末年始を除く9時〜21時45分の営業です。

 

 

 

・電話で申し込み

 

通常の電話も、女性専用ダイアルも基本的な流れは同じです。男性と女性どちらが対応するのか分からないものと、必ず女性が対応するという違いがある程度です。

 

電話で申し込んだ後、契約ルームでカードを受け取ることもできます。

 

 

 

 

  • 審査について

アイフルの審査時間は30分〜1時間程度です。所要時間はどの申し込み方法でも審査時間は同程度です。

 

また、インターネットからの申し込みでは申し込み後に電話をかけることで審査を急いでもらうことができます。電話の受付時間は9時から21時で、フリーダイヤルなので基本的に電話料金はかかりません。急いで融資を申し込みたい時は活用しましょう。

 

 

 

他の消費者金融と同じように、アイフルにもインターネットを利用した簡易診断があります。

 

簡易診断に必要な情報は年齢・雇用形態・年収・他社からの借入金額の4つだけです。その場で融資可能・判断できず・借り入れ不可の3つの回答が得られます。

 

簡易診断の段階で「借り入れ不可」と言い切る簡易診断は少しめずらしいですが、早い段階で無理だと分かるため早く次の行動に移すことができます。もちろん、この結果は仮のもののため簡易診断の結果と本審査の結果が異なる場合もあります。

 

 

 

各社の申込方法と審査時間比較

消費者金融
社名 申し込み方法 お借入診断 審査時間 融資時間
アコム インターネット

 

店頭・無人契約機

 

電話

 

郵送

最短30分

 

 

最短1時間
オリックスVIPカードローン インターネット × 最短1時間 最短即日
プロミス インターネット

 

店頭・無人契約機

 

三井住友銀行ローン契約機

 

電話

 

郵送

最短30分 最短1時間
モビット インターネット

 

自動契約機

 

電話

 

郵送

最短30分 最短即日
銀行カードローン
住信SBIネット銀行Mr.カードローン(プレミアムコース) インターネット × 最短即日 最短即日
新生銀行カードローンレイク インターネット

 

自動契約機

 

電話

 

郵送

申込時による 最短即日
みずほ銀行カードローン インターネット

 

テレビ窓口

 

電話

 

郵送

× 最短即日 最短即日
三井住友銀行カードローン インターネット

 

店頭・ローン契約機

 

電話

 

郵送

× 最短30分 最短即日
三菱東京UFJ銀行カードローン インターネット

 

テレビ窓口

 

電話

 

郵送

最短30分 最短即日
楽天銀行スーパーカードローン インターネット × 最短即日 最短即日

 

 

 

  • 借り入れ

・振込による借り入れ

 

インターネットもしくは電話で振り込みの依頼ができます。振込手数料はかかりません。手数料がかからないのは便利ですが、振り込み時間は銀行の営業時間に左右されます。当日中の振り込みを希望する場合は銀行の営業時間に注意して申し込みましょう。

 

 

 

・ATMからの借り入れ

 

ATMを利用するにはアイフルのカードが必要です。カードがまだ手元にない場合は、契約ルームまで取りに行くか振り込み融資を利用しましょう。アイフルの場合、無料で利用できるのはアイフルATMのみです。それ以外のATMの利用には全て手数料がかかります。

 

 

 

 

  • 返済

アイフルで利用できる返済方法は以下の5種類です。

 

・口座振替

 

・振込返済

 

・ATMから返済

 

・店頭で返済

 

・コンビニ払い

 

 

 

返済日の決め方は2通りです。一つは、毎月同じ日を指定して返済日とするもの。もう一つは35日毎に返済を行うというものです。35日毎の方は1つのサイクルが長いのがメリットですが、毎月返済日が変わるため忘れやすいというデメリットがあります。返済日によって支払金額が大きく変わるというものではないので、毎月の給料日に設定するのが一番忘れにくくて良いです。

 

 

 

・口座振替で返済

 

残高さえ気をつければ払い忘れの心配のない最も安心できる方法です。手数料もかからず確実に返済できます。お金を下ろしてしまうと使ってしまいそうで心配という人も口座振替を使いましょう。

 

引落し日は毎月の6日、23日、27日から指定できます。

 

 

 

・振込で返済

 

振り込み時に手数料がかかるため、あまりメリットのない方法です。よほどの事情がない限り、使うことのない方法です。

 

 

 

・ATMから返済

 

アイフルのATMは店舗と同様減少傾向にあります。アイフルのwebサイトで設置されている場所が検索できます。

 

返済にはアイフルのATMのほか、提携ATMも利用できます。コンビニATMの普及に伴い、利用できるATMの数自体は増えています。ただ、提携ATMの利用には手数料がかかるため、極力アイフルのATMを利用しましょう。借り入れの時とは違い、返済は何十回にも渡るためかかる手数料の額もそれなりになります。

 

 

 

・店頭で返済

 

店頭窓口や店頭ATMで返済することもできます。ただ、アイフルの店舗はそれほど数が多くないので、利用できる人は一部に限られます。

 

 

 

・コンビニ払い

 

ファミリーマート・ローソンでコンビニ払いが利用できます。店頭に置かれているLoppiやファミポートと言った端末で払込票を印刷するだけで良いので、それほど手間もかかりません。手数料もかからないため、近くに該当コンビニがあるようならATMを使うよりもコンビニ払いがおすすめです。

 

 

 

 

 

各社の借入・返済方法と提携ATM・店舗数

消費者金融
社名 振込融資依頼法 返済方法 提携ATM ATM手数料 有人店舗数 無人契約機数
アイフル 電話

 

インターネット

ATM・アイフルATM

 

振込

 

口座振替

 

コンビニ払い

三菱東京UFJ銀行

 

セブン銀行

 

ローソンATM

 

イオン銀行

 

E-net

 

西日本シティ銀行

 

親和銀行

 

福岡銀行(借入のみ)

 

熊本銀行(借入のみ)

利用額〜1万円 108円

 

利用額1万円〜 216円

25 819
アコム 電話

 

インターネット

Pay-easy

 

金融機関

 

ATM・アコムATM

 

振込

 

口座振替

三菱東京UFJ銀行

 

三井住友銀行

 

セブン銀行

 

ローソンATM

 

イオン銀行

 

E-net

利用額〜1万円 108円

 

利用額1万円〜 216円

39 1085
VIPローンカード インターネット 三井住友銀行

 

ゆうちょ銀行

 

三菱東京UFJ銀行

 

みずほ銀行

 

りそな銀行

 

三井住友信託銀行

 

しんきんバンク

 

セブン銀行

 

イオン銀行

 

@BANK

 

E-net

 

ローソン銀行

 

セゾンカード

 

ゼロバンク

 

バンクタイム

提携先による - -
プロミス 電話

 

インターネット

インターネット(三井住友銀行・三井住友銀行・ジャパンネット銀行・みずほ銀行・楽天銀行)

 

ATM・プロミスATM

 

店頭

 

振込

 

口座振替

 

コンビニ払い

三井住友銀行

 

セブン銀行

 

ローソンATM

 

E-net

利用額〜1万円 108円

 

利用額1万円〜 216円

18 1281
モビット 電話

 

インターネット

ATM・プロミスATM

 

振込

 

口座振替

三菱東京UFJ銀行

 

セブン銀行

 

ローソンATM

 

セゾンカード

 

イオン銀行

 

E-net

 

全国地方銀行

 

信用金庫

利用額〜1万円 108円

 

利用額1万円〜 216円

- 303
銀行カードローン
オリックス銀行カードローン 電話

 

インターネット

ATM

 

振込

 

口座振替

三菱東京UFJ銀行

 

三井住友銀行

 

イオン銀行

 

ローソンATM

 

セブン銀行

 

ゆうちょ銀行

 

E-net

無料 3 -
新生銀行カードローンレイク Pay-easy

 

金融機関

 

ATM・レイクATM

 

振込

 

口座振替

新生銀行

 

セブン銀行

 

ローソンATM

 

E-net

無料 449
東京スター銀行 ATM

 

口座振替

セブン銀行

 

ゆうちょ銀行

時間内108円

 

時間外216円

-
三井住友銀行カードローン ATM

 

振込

 

口座振替

インターネットATM

 

@BANK

 

セブン銀行

 

ローソンATM

 

ゆうちょ銀行

無料 439 719
三菱東京UFJ銀行カードローン ATM

 

口座振替

セブン銀行

 

ローソンATM

 

E-net

無料 677 641
みずほ銀行カードローン - セブン銀行

 

ローソンATM

 

ゆうちょ銀行

 

E-net

461 -
楽天銀行カードローン Pay-easy

 

金融機関

 

ATM

 

振込

 

口座振替

三井住友銀行

 

セブン銀行

 

ローソンATM

 

イオン銀行

 

E-net

無料 - -
りそなクイックカードローン 口座振替 - - 339 -

 

 

 

 

 

  1. 金利・利息と限度額について

・アイフルの金利と限度額

 

金利は返済額に大きな影響を与えるため、借り入れ先選びでは重要な判断材料となります。また、限度額も借り入れ目的によっては合わない会社も出てきます。

 

 

 

最初に各社の金利と限度額を確認していきましょう。

消費者金融
社名 金利 遅延賠償(実質年率) 最高限度額
アイフル 4.5%〜18.0% 20.0% 1〜500万円
アコム 4.7〜18.0% 20.0% 1〜500万円
オリックスVIPローンカード 3.0〜16.8% 20.0% 30〜800万円
プロミス 4.5〜17.8% 20.0% 1〜500万円
モビット 3.0〜18.0% 20.0% 1〜500万円
銀行カードローン
住信SBIネット銀行Mr.カードローン(プレミアムコース) 1.99〜7.99% 20.0% 10〜1000万円
新生銀行カードローンレイク 4.5%〜18.0% 20.0% 1〜500万円
三井住友銀行カードローン 4.6〜14.6% 20.0% 10〜500万円
三菱東京UFJ銀行カードローン 4.6〜14.6% 14.6% 10〜500万円
みずほ銀行カードローン 3.0〜14.0%

 

(住宅ローン併用で金利-0.5%)

19.9% 10〜1000万円
楽天銀行スーパーカードローン 4.9〜14.5% 19.9% 10〜500万円

 

 

アイフルの金利は4.5%〜18.0%、最高限度額は500万円と、消費者金融としては極一般的な数値です。

 

最低金利の4.5%は消費者金融の中ではやや低めに見えますが、最低金利が適用されるのは高額の借り入れのみです。500万円の借り入れには総量規制により1500万円の年収が求められます。最低金利と最高限度額についてはあまり考える必要はないでしょう。

 

 

 

金利を比較する際に注目すべきなのは最高金利です。初回の借り入れには一番高い金利が適用されます。借り入れと返済を重ね「この人はお金をきちんと返済する人だ」という信頼を積み重ねていくことでより低い金利で大きな金額が借りられるようになります。

 

 

 

銀行カードローンは消費者金融に比べて前提的に金利が低いです。その分条件が厳しかったり、審査に時間が掛かったりする傾向にありますが、金利が低いというのは大きなアドバンテージです。銀行カードローンを利用できるか、時間がかかっても問題ない状況であれば銀行カードローンを使ったほうがお得です。銀行カードローンの審査に落ちてしまった人や、急ぎの場合はアイフルで申し込みしてみましょう。

 

 

 

・支払い金額の決定方法

 

毎月の支払金額を決める要素として、金利と並んで重要なのがこの返済方式です。消費者金融の返済方式はどれも難しい名前で分かり難いのですが、返済方式によって返済期間や金額には差が生じます。詳しい計算方法は分からなくとも、どのような特徴があるのかは把握しておきたいです。

 

 

 

アイフルの返済方式は「借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式」というものです。返済額は借入残高によって段階的に変動します。

 

借入金額が10万円の場合、サイクル制なら月5千円、約定日制なら月4000円の返済です。10〜20万円の場合はサイクル制で月9千円、約定日制で月8000円です。

 

 

 

毎月同じ金額を返済していくのと違い、少しずつ返済の負担が減っていきます。ただ、最初のうちは返済額のうち利息の占める割合が多く、元金がなかなか減らないというデメリットがあります。特に追加で借入をした場合、追加分の利息を払いう分だけ元金の占める割合が減ってしまい、なかなか返済を終えることができないという負のスパイラルに陥る危険性もあります。

 

支払いを無駄に長期化しないためには、繰り上げ返済をすることと、追加融資はなるべく避けるという2点が重要となります。

 

 

 

微妙な違いはありますが、多くの会社がこの残高スライド方式を採用しています。

 

 

 

残高スライド方式を採用している消費者金融と銀行カードローン

 

・アイフル

 

・モビット

 

・プロミス

 

・オリックス銀行カードローン

 

・新生銀行カードローンレイク

 

・東京スター銀行

 

・みずほ銀行カードローン

 

・三井住友銀行カードローン

 

・三菱東京UFJ銀行カードローン

 

・楽天銀行スーパーローン

 

・りそなクイックカードローン

 

 

  1. おまとめローン

消費者金融は基本的に総量規制の対象となりますが、貸金業法に基づいた専用ローンであれば総量規制の枠を超えた借り入れが可能です。アイフルにもおまとめ専用ローンが用意されています。

 

 

 

各社のおまとめローン比較

社名 借り換え専用 金利 限度額 最長返済(月)
消費者金融
アイフル 12.0〜15.0%

 

12.0〜17.5%

500万円 120
アコム 7.7〜18.0% 300万円 162
プロミス 6.3〜17.8% 300万円 120
モビット ? 4.8〜18.0% 800万円 84
銀行カードローン
オリックス銀行カードローン ? 3.0〜17.8% 800万円 ?
みずほ銀行カードローン ? 3.0〜14.0%

 

(住宅ローン併用で金利優遇)

800万円 ?
りそなクイックカードローン ? 12.48 100万円 ?
楽天銀行スーパーローン ? 4.9〜14.5% 500万円 ?
三井住友銀行カードローン ? 4.0〜14.5% 800万円 ?
三菱東京UFJ銀行カードローン ? 4.6〜14.6% 500万円 ?
新生銀行カードローン レイク ? 4.5〜18.0% 500万円 ?
東京スター銀行 7.8〜9.8% 1000万円 ?

 

 

アイフルのおまとめローンの金利は12.0〜15.0%。消費者金融では最高金利を18.0%とするところが多い中、かなり良心的な金利設定です。銀行カードローンの14.5%には僅かに及ばないものの、十分実用的な金利です。

 

 

 

アイフルのおまとめローンには種類あります。一つは上限金利が15.0%の「おまとめMAX」。もう一つは上限が17.5%の「かりかえMAX」です。この2つのローンの違いはアイフルを利用したことがあるかどうかにあります。

 

金利の低いおまとめMAXを利用するには、過去にアイフルを利用したことがなければなりません。かりかえMAXの17.5%も他の消費者金融と比べればまだ低めの金利ではありますが、15.0%の魅力には遠く及びません。おまとめMAXを利用できないのであれば、銀行カードローンのおまとめローンを利用した方が良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

  1. 女性向けローン「SuLaLi」を活用!

アイフルの女性向けローンにはいくつかの特徴があります

 

 

 

・限度額が10万円

 

いざお金が必要になっても、消費者金融から借りるのは借りすぎてしまいそうで怖いという人も要るはずです。SuLaLiの上限は10万円と低めの設定で借り過ぎの心配がなく安心です。

 

 

 

・web完結で申し込める

 

SuLaLiはインターネット申し込み限定のローンです。本人確認の書類もメール等で行えるため、周囲の人にはバレにくいです。

 

 

 

・カードのデザインが可愛い

 

カードの表面には文字が一切描かれておらず、ぱっと見ただけでは消費者金融のカードとは分かりません。デザインもガーリーなものとスタイリッシュなものと2種類あり、好みによって選べるのも嬉しいポイントです。

 

 

 

その他にも、返済日の連絡をSMSで受け取れたり、電話対応を女性が行ったりと女性のニーズに応えたローンとなっています。

 

もちろんSuLaLiも利息0円サービスの対象となっており、即日融資にも対応しています。

 

 

 

SuLaLiの申し込みには通常の利用条件のほかに、他社からの借り入れがないことも条件です。

TOPへ