【これからオリックス銀行カードローンで借りる人必読】オリックス銀行での借り方まとめ

オリックス銀行カードローンはインターネットからのみ申し込めるカードローンです。ATMの利用に手数料がかからず気軽に使えると人気があります。ここでは、オリックス銀行カードローンの長所や欠点を比較しながら上手な利用法について考えてみます。

 

オリックス銀行カードローンとは?

オリックス銀行の取り扱うカードローンで、スタートは2012年と比較的最近です。申し込みはインターネットのみと手段が限られているものの、店舗やATMの運営にコストがかかっていない分なのか、提携ATMの利用に手数料がかかりません。

 

また、「金利は業界最低水準」と宣伝しているだけあり、金利は3.0〜17.8%と、特に下限金利の低さが目を引きます。

 

オリックス銀行カードローンの特徴

長所・短所を比較しながら、どんな場合に適したカードローンなのかを考えてみましょう。

 

オリックス銀行の長所

・オリックス銀行の口座がいらない
多くの銀行カードローンが、利用にその銀行の口座を必要としています。銀行口座の開設には手間や時間がかかるため、口座を持っていないひとには使いにくいという欠点がありました。しかしオリックス銀行の開設には特定の口座は必要なく、口座開設の手間がありません。口座の数を増やしたくない人や、新しく口座を作るのは煩わしいという人でも安心です。

 

・ATMが手数料無料
オリックス銀行には自社ATMがありませんが、その代わりに提携ATMの利用に手数料がかかりません。コンビニATMからも無料で借り入れ・返済ができ、非常に利便性が高いです。

 

・ネット完結できる
インターネットから簡単に申し込むことができ、来店や書類を送る必要がありません。忙しい人や近くにカードローンの手続きができるような窓口がない人でも利用できます。ただし、本人確認の際は電話を使います。

 

オリックス銀行の短所

・金利は高め

 

オリックス銀行カードローンの金利は17.8〜3.0%。下限金利は低いものの、上限金利は消費者金融並みで、他の銀行カードローンよりも高いです。そのため、少額の借り入れでは消費者金融並みの金利を支払うことになります。消費者金融の中には初回利用時に無利息期間を設けている所もあるのですが、オリックス銀行カードローンには無利息期間もありません。

 

・申し込みがインターネットのみ
店舗や自動契約機がなく、電話での申し込みも受け付けていません。インターネットからの申し込みに抵抗があったり、機械操作が苦手であったり、相談しながら借入を行いたいという場合にはあまり向いていません。

 

・即日融資はできない
借り入れ方法はATMかインターネットからの振込依頼のどちらかです。

 

ATMからの場合、カードの到着を待つ必要があります。自動契約機などもなく、カードの受取手段が郵送しかないため、数日の待ち時間が発生します。振り込みの場合も、本人確認の手続きの関係で5日ほど利用できるまでに時間がかかります。

 

オリックス銀行カードローンが適している場合は?

 

・コンビニATMで便利に使いたい
コンビニATMを手数料無料で使えるのは思っている以上に便利です。借入はもちろん、何十回にも及ぶ返済に一々手数料を払っていては、たとえ低い金利で融資を受けていても意味がありません。かと言って、無料で使えるATMを探すのは意外と面倒です。

 

オリックス銀行カードローンでは提携ATMであればどこのATMでも同じように利用でき、返済を忘れるリスクも減らすことができます。

 

オリックス銀行カードローンの申込から返済まで

 

利用対象者は?
オリックス銀行カードローンの利用には以下の条件を満たす必要があります

 

・20〜65歳の人
・原則毎月安定した収入があること
・日本国内在住であること
・外国籍の場合は永住資格があること
・保証会社の保証がうけられること

 

 

アルバイトやパートでも申し込みができますが、収入のない専業主婦・学生、年金受給者は申し込みできません。

 

 

  • 申し込みの流れ

申し込みができるのはインターネットからのみです。

 

専用フォームに必要事項を記入し送信すると、審査が始まります。申し込み自体は24時間受け付けていますが、審査が行われるのは営業時間内となります。審査に入ると同時に仮審査が行われ、仮審査の結果はすぐにわかります。

 

本審査後、本人の意思確認と在籍確認が行われ、カード発行となります。

 

審査結果はメールアドレスの登録があればメールで、なければ郵送でおこなわれます。郵送の場合1週間ちかくかかるので、必ずメールアドレスの登録をしましょう。

 

 

 

運転免許証などの本人確認書類についてはカードが発行されてから届くまでの間に行われます。収入証明書については300万円までの借り入れであれば原則不要です。書類はカメラで撮影してアップロードするか、スキャンした画像を送れるようになっているので、郵送の手間はありません。

 

 

 

カードの到着は2、3日から1週間程度かかります。

 

 

 

 

  • 審査について

オリックス銀行カードローンの審査は最短で即日です。何時間程度かかるかは明らかにされていませんが、営業時間の早いうちか、前日から申し込んでおけばその日のうちに審査結果を知ることが十分可能です。

 

審査は、オリックス銀行のものとは別に保証会社であるオリックス・クレジットか新生フィナンシャルのどちらかの審査を通過する必要があります。

 

 

 

また、申込時に簡易審査が行われ、その場で仮の結果を知ることができます。どのみち本審査が行われるのであれば仮審査を行っても意味が無いと思うかもしれませんが、駄目なら駄目で別の借り先を探しに行けますし、通りそうなら書類の準備ができるため、意外とありがたいです。ここで落ちてしまったという人は、本審査の結果が出るまでの間に他の借り入れ先を探しておくのも良いでしょう。

 

 

 

各社の申込方法と審査時間比較

消費者金融
社名 申し込み方法 お借入診断 審査時間 融資時間
アコム インターネット

 

店頭・無人契約機

 

電話

 

郵送

最短30分

 

 

最短1時間
オリックスVIPカードローン インターネット × 最短1時間 最短即日
プロミス インターネット

 

店頭・無人契約機

 

三井住友銀行ローン契約機

 

電話

 

郵送

最短30分 最短1時間
モビット インターネット

 

自動契約機

 

電話

 

郵送

最短30分 最短即日
銀行カードローン
オリックス銀行カードローン インターネット 最短即日

 

 

-
住信SBIネット銀行Mr.カードローン(プレミアムコース) インターネット × 最短即日 最短即日
新生銀行カードローンレイク インターネット

 

自動契約機

 

電話

 

郵送

申込時による 最短即日
みずほ銀行カードローン インターネット

 

テレビ窓口

 

電話

 

郵送

× 最短即日 最短即日
三井住友銀行カードローン インターネット

 

店頭・ローン契約機

 

電話

 

郵送

× 最短30分 最短即日
三菱東京UFJ銀行カードローン インターネット

 

テレビ窓口

 

電話

 

郵送

最短30分 最短即日
楽天銀行スーパーカードローン インターネット × 最短即日 最短即日

 

 

 

  • 借り入れ

借り入れ方法はインターネットからの振り込みと、提携ATMの2種類です。

 

 

 

・インターネットで借り入れ

 

オリックス銀行カードローンの会員ページで指定した口座に振り込みを依頼できます。オリックス銀行の口座を持っていなくても大丈夫です。

 

 

 

振り込み時間は、ジャパンネット銀行宛の場合は毎日11時50分〜0時10分を除き随時受け付け、その他の銀行については銀行の営業時間におこなわれます。

 

 

 

・ATMから借り入れ

 

提携ATM・コンビニATMから借り入れができます。自社ATMはありませんが、コンビニATMを手数料なしで利用できるため問題にはなりません。

 

 

 

 

  • 返済

返済方法は口座引落、振り込み、ATMの3種類です。返済日については毎月10日か末日かを選択できます。

 

 

 

どの方法でも手数料がかからないため、好みの方法で返済して良いです。

 

返済忘れの心配が少ない引落しか、外出先でも気軽に利用できるATMを利用するか、生活リズムや行動範囲などに合わせて忘れずに返済できる方を選びましょう。

 

振り込みの場合、15時までに入金しなければその日の振り込みとして扱われません。返済日ぎりぎりに入金する時は注意が必要です。

 

 

 

各社の借入・返済方法と提携ATM・店舗数

消費者金融
社名 振込融資依頼法 返済方法 提携ATM ATM手数料 有人店舗数 無人契約機数
アイフル 電話

 

インターネット

ATM・アイフルATM

 

振込

 

口座振替

 

コンビニ払い

三菱東京UFJ銀行

 

セブン銀行

 

ローソンATM

 

イオン銀行

 

E-net

 

西日本シティ銀行

 

親和銀行

 

福岡銀行(借入のみ)

 

熊本銀行(借入のみ)

利用額〜1万円 108円

 

利用額1万円〜 216円

25 819
アコム 電話

 

インターネット

Pay-easy

 

金融機関

 

ATM・アコムATM

 

振込

 

口座振替

三菱東京UFJ銀行

 

三井住友銀行

 

セブン銀行

 

ローソンATM

 

イオン銀行

 

E-net

利用額〜1万円 108円

 

利用額1万円〜 216円

39 1085
VIPローンカード インターネット   三井住友銀行

 

ゆうちょ銀行

 

三菱東京UFJ銀行

 

みずほ銀行

 

りそな銀行

 

三井住友信託銀行

 

しんきんバンク

 

セブン銀行

 

イオン銀行

 

@BANK

 

E-net

 

ローソン銀行

 

セゾンカード

 

ゼロバンク

 

バンクタイム

提携先による - -
プロミス 電話

 

インターネット

インターネット(三井住友銀行・三井住友銀行・ジャパンネット銀行・みずほ銀行・楽天銀行)

 

ATM・プロミスATM

 

店頭

 

振込

 

口座振替

 

コンビニ払い

三井住友銀行

 

セブン銀行

 

ローソンATM

 

E-net

利用額〜1万円 108円

 

利用額1万円〜 216円

18 1281
モビット 電話

 

インターネット

ATM・プロミスATM

 

振込

 

口座振替

三菱東京UFJ銀行

 

セブン銀行

 

ローソンATM

 

セゾンカード

 

イオン銀行

 

E-net

 

全国地方銀行

 

信用金庫

利用額〜1万円 108円

 

利用額1万円〜 216円

- 303
銀行カードローン    
オリックス銀行カードローン 電話

 

インターネット

ATM

 

振込

 

口座振替

三菱東京UFJ銀行

 

三井住友銀行

 

イオン銀行

 

ローソンATM

 

セブン銀行

 

ゆうちょ銀行

 

E-net

無料 3 -
新生銀行カードローンレイク   Pay-easy

 

金融機関

 

ATM・レイクATM

 

振込

 

口座振替

新生銀行

 

セブン銀行

 

ローソンATM

 

E-net

無料   449
東京スター銀行   ATM

 

口座振替

セブン銀行

 

ゆうちょ銀行

時間内108円

 

時間外216円

  -
三井住友銀行カードローン   ATM

 

振込

 

口座振替

インターネットATM

 

@BANK

 

セブン銀行

 

ローソンATM

 

ゆうちょ銀行

無料 439 719
三菱東京UFJ銀行カードローン   ATM

 

口座振替

セブン銀行

 

ローソンATM

 

E-net

無料 677 641
みずほ銀行カードローン   - セブン銀行

 

ローソンATM

 

ゆうちょ銀行

 

E-net

  461 -
楽天銀行カードローン   Pay-easy

 

金融機関

 

ATM

 

振込

 

口座振替

三井住友銀行

 

セブン銀行

 

ローソンATM

 

イオン銀行

 

E-net

無料 - -
りそなクイックカードローン   口座振替 - - 339 -

 

 

 

 

 

  1. 金利・利息と限度額について

・オリックス銀行カードローンの金利と限度額

 

カードローン選びにおいて、金利と限度額は最も重視すべきポイントです。オリックス銀行カードローンの金利と限度額について、他の会社のものと比較しながら考えてみましょう。

 

 

 

各社の金利と限度額

消費者金融
社名 金利 遅延賠償(実質年率) 最高限度額
アイフル 4.5〜18.0% 20.0% 1〜500万円
アコム 3.0〜18.0% 20.0% 1〜800万円
オリックスVIPローンカード 3.0〜16.8% 20.0% 30〜800万円
プロミス 4.5〜17.8% 20.0% 1〜500万円
モビット 3.0〜18.0% 20.0% 1〜500万円
銀行カードローン  
オリックス銀行カードローン 3.0〜17.8% 借り入れ利率+2.1% 10〜800万円
住信SBIネット銀行Mr.カードローン(プレミアムコース) 1.99〜7.99% 20.0% 10〜1000万円
新生銀行カードローンレイク 4.5〜18.0% 20.0% 1〜500万円
三井住友銀行カードローン 4.6〜14.6% 20.0% 10〜500万円
三菱東京UFJ銀行カードローン 4.6〜14.6% 14.6% 10〜500万円
みずほ銀行カードローン 3.5〜14.0% 19.9% 10〜1000万円
楽天銀行スーパーカードローン 4.9〜14.5% 19.9% 10〜500万円

 

 

オリックス銀行カードローン金利詳細

コース 利用限度額 金利
〜100万円未満コース 〜100万円未満 12.8〜17.8%
100万円コース 100万円 9.0〜14.8%
150万円コース 100万円超〜150万円
200万円コース 150万円超〜200万円 6.0〜12.8%
300万円コース 200万円超〜300万円
400万円コース 300万円超〜400万円 4.5〜8.8%
500万円コース 400万円超〜500万円
600万円コース 500万円超〜600万円 3.5〜5.8%
700万円コース 600万円超〜700万円
800万円コース 700万円超〜800万円 3.0〜4.8%

 

 

金利は3.0〜17.8%と下限金利は低めなものの、上限金利については銀行カードローンでは高い方です。2つめの表から分かるように、下限の3.0%で融資を受けるには少なくとも限度額700〜800万円で借り入れしなければなりません。最高限度額の借り入れをするには、オリックス銀行カードローンで借り入れと返済を重ねた信頼が必要です。よって、初回に適用される金利は一番高い17.8%と考えておくべきです。

 

銀行カードローンのメリットの一つは金利の低さですが、オリックス銀行カードローンの

 

金利は消費者金融よりも僅かに低いといった程度のものでしかありません。

 

 

 

限度額の800万円は他と比較しても十分大きいといえます。オリックス銀行カードローンはおまとめ目的の借り入れもでき、高額借入時の金利もまずますです。銀行カードローンのため、総量規制も受けません。

 

 

 

 

  • 支払い金額の決定方法

オリックス銀行カードローンの返済方式は残高スライドリボルビング方式と呼ばれるものです。借入残高に応じて月の返済額が決定します。この返済方式では、特に返済初期において支払金額のうち利息の占める割合が大きくなります。そのため元金の減りが思っているよりも遅く、なかなか返済が終わらないという欠点があります。この欠点を解消するには、積極的に繰り上げ返済を行い、元金を効率的に減らすのが有効です。

 

 

借入残高 返済額
〜30万円 7千円
30万円超〜50万円 1万円
50万円超〜100万円 2万円
100万円超〜150万円 3万円
150万円超〜200万円 3万5千円
200万円超〜250万円 4万円
250万円超〜300万円 4万5千円
300万円超〜400万円 5万円
400万円超〜500万円 6万円
500万円超〜600万円 7万円
600万円超〜 8万円

 

 

 

  1. おまとめローン

オリックス銀行カードローンにはおまとめローン専用のローンというものはありません。しかし、おまとめ目的の利用は可とされています。限度額が800万円と比較的高額で、総量規制の対象外であるため、おまとめローンとしての利用も十分視野に入ります。

 

オリックス銀行カードローンの上限金利は17.8%と高額ではありますが、下限は3.0%と「業界最低水準」という宣伝文句も納得の数字です。おまとめ時の金額によってどの消費者金融・カードローンを利用しておまとめローンを行うのが良いのかは変わってきます。急ぎのものではないはずですから、損をしないようにじっくりと検討しましょう。

 

 

 

各社のおまとめローン比較

社名 借り換え専用 金利 限度額 最長返済(月)
消費者金融
アイフル 12.0〜15.0%

 

12.0〜17.5%

500万円 120
アコム 7.7〜18.0% 300万円 162
プロミス 6.3〜17.8% 300万円 120
モビット ? 4.8〜18.0% 800万円 84
銀行カードローン
オリックス銀行カードローン ? 3.0〜17.8% 800万円 ?
みずほ銀行カードローン ? 3.0〜14.0% 800万円 ?
りそなクイックカードローン ? 12.48% 100万円 ?
楽天銀行スーパーローン ? 4.9〜14.5% 500万円 ?
三井住友銀行カードローン ? 4.0〜14.5% 800万円 ?
三菱東京UFJ銀行カードローン ? 4.6〜14.6% 500万円 ?
新生銀行カードローン レイク ? 4.5〜18.0% 500万円 ?
東京スター銀行 7.8〜9.8% 1000万円 ?

 

TOPへ